ニキビはクレンジングのやり方が悪いと悪化します…

ニキビの原因は人によってさまざまです。ホルモンバランスの乱れとも言われますが、間違ったクレンジングでできる人も多いようです。クレンジングが自分の肌に合っているか、1度見直してみると良いでしょう。
 
オイルクレンジングは、基本的にオイリー肌用です。乾燥肌の人が使うと必要な皮脂まで失い乾燥を招き皮脂が出やすくなることもあります。
 
また、クリームタイプのクレンジングも要注意です。クリームが毛穴に詰まってそれが原因でニキビができてしまうこともあります。自分に合ったクレンジングをしばらく続けて様子をみましょう。
 
ニキビ跡が残ってしまうのは、肌サイクルがうまくいっていないことが考えられます。本来古い角質が剥がれて、新しい肌細胞に生まれ変わるというサイクルが何らかの原因でうまくいかずに、角質が厚くなってあとが残ってしまうのです。
 
ニキビ跡ができないように、肌サイクルを正常化させる努力をしましょう。老化することでむずかしくなりますが、意識するとしないでは違います。ニキビ跡を残さない努力をする、この気持ちが大切なのです。
 
また、紫外線は肌に良いことはほとんどなく悪影響を与えます。シミができやすくなるので、必ず対策をしましょう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です